• ハナトラノオ

    ハナトラノオ

    茎が四角なためにカクトラノオとも呼ばれます。シソ科特有の袋状の花をやはり四方に開きながら、次々と咲き上がってきます。
    北アメリカ原産の植物で、10数種が知られていますが、栽培されているのは本種だけのようです。
    大正時代に導入されて以来、津津浦々にまですっかり行き渡り、すっかり夏花としての地位を確立したようです。

    名:Psysostegia virginiana
    名:シソ
    開花時期:8月頃

  • フロックス

    フロックス

    道内では盆花といった方が通りやすい植物で、ちょうどお盆の頃に満開となり、仏壇に飾る花として親きました。
    スカーレットやサーモンピンク等の明るい花色で、花数の少なくなりがちな北国の夏を明るく彩る植物として人気があります。

    名:Phlox paniculata
    名:ハナシノブ
    名:オイランソウ
    開花時期:8月上旬

  • フウチソウ

    フウチソウ

    学名のハコネクロアは「箱根の草」の意で、箱根に多いことから名付けられたものです。和名のウラハグサ(裏葉草)は、茎がねじれて葉の裏が表になる性質からつけられており、カヤツリグサ科にはこのような形質がよく見られます。
    最近のガーデニングブームでは、鮮やかな色彩の葉を、花壇の添景に使用されることも多くなり、脚光を浴びている花です。

    名:Hakonechloa macra
    名:イネ
    開花時期:6月頃

  • ベロニカ・スピカタ

    ベロニカ・スピカタ

    仲間は約300種もあり、日本に帰化しているオオイヌノフグリなど、一部では親しまれているものもあります。
    クガイソウと近縁なので、姿はよく似ていますが、比較的草丈の低いタイプの品種が最近多く導入され、どれもが細長い穂状の花を咲かせています。

    名:Verinica gentianoides
    名:ゴマノハグサ
    開花時期:7月頃

  • アスチルベ

    アスチルベ

    最近はアワモリショウマという和名はほとんど使われなくなってきましたが、泡が盛り上がるように咲いてくる花の様子をよく表している名前がついていました。
    白や赤、ピンクなどの花を見ることができます。

    名:Astilbe
    名:ユキノシタ
    開花時期:7月上旬

  • カンパニュラ・グロメラタ

    カンパニュラ・グロメラタ

    もともと250種ものたくさんの仲間があり、1メートルを超える大型のものから、低く地面をはうものまで多様です。
    ベルフラワーの名の通り愛らしい花をしており、多くが澄み切ったブルーの花色が特徴です。
    ヤツシロソウという和名で呼ばれ、すぼまった筒状の花を輪状に密生させて咲いています。

    名:Campanula glomerata
    名:キキョウ
    開花時期:6月下旬頃

  • キクイモモドキ

    キクイモモドキ

    キクイモは道内各地に帰化していますが、霜の降りる季節にならないと花が咲かないので、道南地方でないと滅多に花を見ることがありません。
    そのキクイモによく似た花を咲かせることからこの名が付けられています。

    名:Heliopsis helianthoides var. scabra
    名:キク
    開花時期:7月上旬

  • クロコスミア

    クロコスミア

    もともとの原産地は南アフリカですが、耐寒性も強く、昔から庭先でひっそりと咲いている姿を見かけました…といっても葉ばかり繁って花数も少なく、地味な感じの植物というイメージが強くあったのも事実です。
    現在花色も鮮明で、草丈も大きなものもあります。グラジオラスと同じ球茎を持つ球根植物で、草姿もよく似ています。

    名:Crocosmia
    名:アヤメ
    開花時期:8月頃

  • ゲラニウム・ジョンソンズブルー

    ゲラニウム・ジョンソンズブルー

    ゲラニウムの仲間には、ゼラニウムやペラルゴニウムが含まれていました。ゼラニウムやペラルゴニウムの学名がペラルゴニウム属として分けられた現在でも、かつての学名であるゲラニウムの名残が残されています。
    本種は交雑品種の代表的存在で、鮮やかな青紫色の大きな花を咲かせます。

    名:Geranium “Johnson’s Blue”
    名:フクロソウ
    開花時期:5月頃