• キビタキ(黄鶲)

    科 名:ヒタキ科

    夏鳥として繁殖しに飛来。ピリリィ、ピッコロピー・ピッコロピーなど他にもいろんなレパートリーを持ち、さえずります。若いオスは耳のあたりがロマンスグレーで、成鳥になると真っ黒になります。

  • キバシリ

    目・科:スズメ目キバシリ科

    体色は樹皮にそっくりな保護色?になっており、見つけられたらラッキーな野鳥です。
    幹を登っては次の樹木へと飛び移るので、シャッターチャンスをお見逃しなく!

  • アオジ

    目・科:スズメ目ホオジロ科

    4月の中頃からさえずりを聞くことができます。そのさえずりですが、少し巻き舌が入っているようなフレーズが聞こえる個体もいるようです。

  • アカゲラ

    アカゲラ

    目・科:キツツキ目 キツツキ科

    幹にとまっていると背中にカタカナの『ハ』の字が見えたらアカゲラです。
    北海道では1番見ることの出来るキツツキで、頭とお腹の赤い色が良く目立ちます。

  • オオルリ

    オオルリ

    目・科:スズメ目 ヒタキ科

    日本三名鳥(ウグイス、オオルリ、コマドリ)の1つで、雄はとても綺麗なブルーをしています。
    また、鳴き声も美しく、ゆったりとしています。
    滅多に見ることの出来る鳥ではありませんが、運が良ければ出会えます。

  • ヤマガラ

    ヤマガラ

    目・科:スズメ目 シジュウカラ科

    林の高いところで活動し、昆虫類や木の実を食べ、大きめの物は足で押さえつつきます。
    洞窟や巣箱に巣をつくります。大きさはスズメくらい。

  • コゲラ

    コゲラ

    目・科:キツツキ目 キツツキ科

    日本にいるキツツキの中で一番小さなキツツキで、背中の縞模様がとても特徴的です。
    木の幹にいる虫をつついて食べます。

  • ゴジュウカラ

    ゴジュウカラ

    目・科:スズメ目 ゴジュウカラ科

    体長15cmほどの小さな鳥です。頭から背中は全体的に青く、お腹の部分が白いのが特徴です。
    写真に良く撮られるほど、逆さで幹を降りてきます。

  • ミヤマカケス

    ミヤマカケス

    目・科:スズメ目 カラス科

    本州のカケスとは違い、頭のあたりが茶色なのが特徴です。木の実のほか、昆虫なども食べます。
    物まねが上手で、まわりから聞こえる音などはすぐにまねてしまいます。